イメージ画像

スポンサード リンク

背中 しこり

背中にしこりがある場合、考えられる原因としては、癰と呼ばれる化膿性のできものが出来ているか、 脂肪の塊が出来ているかのどちらかだと思われます。

背中にしこりが出来ていても命に別状はありませんので、 それほど心配する必要はないでしょう。

背中のしこりが、癰と呼ばれる化膿性のできものの場合は、 体の新陳代謝が弱くなったり、免疫力が低下することで発症しやすくなるので注意して下さい。

病気をしていたり、体調を崩していたりすると新陳代謝や免疫力が低下し、 背中のしこりが出来やすくなります。

もし、背中のしこりが癰と呼ばれる化膿性のできものの場合は、皮膚科を受診するようにして下さい。 抗生物質を処方をしてもらえば、背中のしこりはすぐに治ります。

癰と呼ばれる化膿性のできものの予防法としては、新陳代謝と免疫力を向上させることが大事です。 生野菜とか、暑い場所で収穫される果物は、体を冷やしてしまうので控える方がよいでしょう。

次に背中にしこりが脂肪の塊の場合は、脂肪腫と呼ばれるもので、大きさは小豆ぐらいあります。 脂肪の塊なので特に心配する必要はありませんが、気になる場合は外科で取り除くことも可能です。 心配な方は、外科か皮膚科を受診しましょう。

背中のしこりは以上のように命には別状はありませんので、あまり神経質に心配しなくても大丈夫です。

スポンサード リンク


このページの先頭へ