イメージ画像

スポンサード リンク

背中が痛い症状

背中が痛い等の症状がある場合は、いつから痛みのか、どのように痛むのか、痛みの持続時間は、 誘因はあるのか等をチェックしておくようにして下さい。

なぜなら、背中が痛い症状は病気によって違い、病院を受診した際に医師が病気を特定するのに、 これらの情報が役立つからです。

ですので、病院を受診した際はこれらの情報を詳細に伝えるようにして下さい。 これらの情報は、背中が痛い症状から病気を特定する判断材料に役立ちます。

背中が痛い症状を伴う病気は様々ありますが、一番多く見られるのが肩こりなどからくる背中の痛みです。 肩こりからくる背中の痛みは、30歳前後で増加する傾向があり、 パソコンの普及によるデスクワーク中心の仕事や、それからくる運動不足など、 生活環境が大きく影響しています。

また、日本人の体質も影響しており、日本人の筋肉量が元々少ないため、 少ない筋肉に大きな負担をかけることで筋肉が緊張し、肩こりが発生し背中などが痛くなります。

また、背中が痛い症状は、心筋梗塞などの命の危険を伴う病気の初期段階として現れることもあります。 一般的には心筋梗塞の症状は、突発的な胸痛があり、激痛を伴うイメージがありますが、 場合によっては、背中が痛くなる事もありますので覚えておいて下さい。

このように背中が痛い症状は病気によって違いますので、気になる症状がある場合は、 速やかに病院を受診するようにしましょう。

スポンサード リンク

左 背中 痛み

左の背中に痛みがある場合は、慢性膵炎や、膵臓ガンなどの病気を発症している疑いがあります。まず、左の背中に痛みを伴う慢性膵炎ですが、この病気は突発的に起こるものではなく長い年月をかけて徐々に進行する病気です。

背中 しこり

背中にしこりがある場合、考えられる原因としては、癰と呼ばれる化膿性のできものが出来ているか、脂肪の塊が出来ているかのどちらかだと思われます。背中にしこりが出来ていても命に別状はありませんので、それほど心配する必要はないでしょう。背中のしこりが

背中が痛い

背中が痛い場合は様々な病気が考えられ、主に考えられる原因としては、骨の異常、筋肉の異常、脊髄への腫瘍、神経の異常、内臓の疾患などが考えられます。背中が痛い場合、その症状によって様々な病気が考えられますので、まず、どのように痛むのか、

症状 背中 痛み

症状が背中の痛みの場合、考えられる病気は様々ありますが、命の危険を伴う病気として膵臓がんがあります。膵臓がんは早期発見が難しく、予後も悪い癌なので症状が背中に痛みがある場合は注意して下さい。膵臓がんによる死亡者数は年々増加傾向にあります。

背中 病気

背中の病気は背中の痛みを伴うもの、腹痛や腹部に不快感が伴うものなど様々あります。背中の痛みを伴う病気としては、背中の両側や胸の圧迫痛などの症状が伴う「脊髄硬膜外膿瘍」、 立ち続けると脇腹と腰に鈍痛が起こる「遊走腎臓」、倦怠感や動悸、発熱、

胸 背中 痛み

胸と背中の痛みには注意が必要です。胸と背中に痛みがある症状で考えられる病気には解離性大動脈瘤があります。解離性大動脈瘤とは動脈硬化などによって動脈の内壁が裂けてしまう状態のことをいいます。解離性大動脈瘤は治療が遅れると命の危険を伴う

背中 しびれ

背中にしびれがあり、背中や腰、膝下に痛みを感じる場合は、腰部脊柱管狭窄症を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱管にある神経が圧迫されて背中のしびれや痛みなどを引き起こす病気のことを言います。

背中 痛み 右側

背中の痛みが右側に起こる場合、考えられる病気として胆石症があります。胆石症は胆汁の成分が胆道の中で固形化し胆石になって激しい腹痛を引き起す病気ですが、胆石が出来ている人の約66%は無症状で、約33%の人が激しい腹痛などの症状が起こります。胆石症になると、背中の痛みが右側に起こったり、右肩が痛くなったり

肩 背中 痛み

肩と背中の痛みがある場合は、骨粗鬆症を引き起している可能性があるので注意して下さい。骨粗鬆症は高齢の女性に多い病気で、背中が曲がったり腰痛があったり、軽く転倒しただけで骨折してしまう病気です。骨粗鬆症になると背中が曲がってしまうので身長が低くなり、

胃 背中 痛い

胃と背中が痛い症状が伴う病気として胃潰瘍があります。胃潰瘍は空腹時や食後に胃が痛くなることが多く、背中の痛みや、胸焼け、げっぷ、吐き気、嘔吐、吐血、黒色便などの症状が伴う病気です。胃潰瘍は胃の粘膜が潰瘍で傷つき、胃の粘膜の下の筋層まで達してしまうので、

右 背中 痛み

右の背中に痛みを感じたり、右上腹部に痛みを感じる場合は胆石症を引き起している疑いがあります。胆石症とは胆嚢や胆管に結石が出来てしまう病気のことで、疝痛と言って痛みが強くなったり弱くなったりするのが特徴です。

背中 痛み 内臓

背中の痛みが内臓の障害で引き起される病気の一つとして腎臓がんがあります。腎臓がんは腎臓にガン細胞が出来る病気で、初期段階では尿検査で肉眼ではわからない血尿が確認されるぐらいで、自覚症状がないため、初期段階で発見することは難しい病気です。

背中 腰 痛い

背中や腰が痛い場合は、多発性のう胞腎を引き起している可能性があるので注意して下さい。背中や腰が痛い場合は、多発性のう胞腎の疑いがあり、放置しておくと腎臓機能が低下して、腎不全などの病気を引き起す原因になるので必ず病院を受診するようにして下さい。

背中 首 痛い

背中と首が痛い、手指や手首に関節痛などの症状がある場合は関節リウマチを引き起している可能性があるので注意して下さい。関節リウマチの初期段階では、手の関節に腫れや痛みを生じることが多いです。また、発症しやすい時間帯は朝方で、起きたときにこわばりを感じるパターンが多いです。

背部痛

背部痛などの症状がある場合は、脊椎に関係していたり、内臓障害などで感覚神経を刺激して引き起こしている場合があるので注意が必要です。背部痛を伴う病気は様々あり、主な例をあげると、肋骨骨折や脊髄損傷、脊髄梗塞、脊柱後湾症、帯状疱疹、尿路結石、脾腫

腹痛 背中の痛み

腹痛、背中の痛み、発熱、吐き気などの症状が続く場合は、骨盤腹膜炎を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。骨盤腹膜炎とは、骨盤内にある膀胱、直腸、子宮、 卵管などの表面を覆っている腹膜が炎症を起こす病気のことを言います。

背骨 痛み

背骨に痛みを感じる場合は、脊柱が側方に彎曲している疑いがあるので注意して下さい。脊柱が側方に彎曲してしまう状態のことを、脊柱側彎症といい、放置しておくと脊柱に彎曲とねじれが起こり、背骨に痛みが伴うようになります。脊柱側彎症は、小学校高学年から中学生にかけて

背中 凝り

背中の凝りが、長時間同じ姿勢で立っていたり、長く座り続けて仕事をしていた後に起こる場合は、腰筋筋膜症を発症している可能性があります。仕事で長時間、椅子に座り続けているサラリーマンの方などは、職場の環境的に腰筋筋膜症を発症しやすくなるので注意が必要です。

背中 曲がる

背中が曲がる症状がある場合は、特発性脊柱側彎症を引き起こしている疑いがあります。特発性脊柱側彎症とは、脊柱が側方に彎曲してしまう病気のことで、片側に背中が曲がるタイプのものと、S字状に背中が曲がるタイプのものがあります。特発性脊柱側彎症を引き起こす原因ですが、原因不明のものと、先天的な奇形によるもの、

呼吸 背中 痛い

呼吸で背中が痛い場合は、肋間神経痛を発症している疑いがあるので、整形外科か内科を受診することをお薦めします。肋間神経痛とは、肋骨に沿って突発的な痛みが起こる病気のことで、呼吸で背中が痛い症状は肋間神経痛の症状である可能性があります。肋間神経痛は、肋骨の骨折やヒビ、感染、圧迫

咳 背中 痛い

咳で背中が痛い症状は、肋間神経痛を引き起こしている可能性があるので注意が必要です。肋間神経痛になると突然、片方の側の背中や胸に激痛が走り、その痛みは咳や深呼吸で増加します。肋間神経痛には種類があり、原因不明の原発性肋間神経痛と、原因が特定できる続発性肋間神経痛があります。原因が特定できる続発性肋間神経痛ですが

みぞおちから背中への痛み

みぞおちから背中への痛みがある場合は十二指腸潰瘍を患っている可能性があるので注意して下さい。十二指腸潰瘍は、十二指腸の粘膜に潰瘍ができる病気のことをいいます。潰瘍が進行してしまうと出血や穿孔を起こして突発的な激痛を伴うので注意が必要です。十二指腸潰瘍の主な症状としては、

背中、腰、脇腹が痛い

背中、腰、脇腹が痛い症状がみられるときは、尿管結石を引き起こしている疑いがあるので注意して下さい。尿管結石とは、尿中のシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムなどが石になり、結石が尿管まで流れてきた状態のことを言います。尿管で結石が詰まってしまうと、尿管が傷ついて細菌感染を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

背中 痛み 原因

背中の痛みの原因は、骨や筋肉や靭帯の異常や、脊髄や神経の異常、内蔵の疾患などが考えられます。背中の痛みの原因が骨や筋肉や靭帯の異常で起こる場合は、特発性脊柱側彎症や胸椎の骨折、脊椎骨折などの病気を引き起こしている可能性があります。また、背中の痛みの原因が、脊髄や神経の異常で起こる場合は、

背筋 痛み

背筋の痛みが転倒や転落などで背中を強く打った後に起こっている場合は、脊椎圧迫骨折を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。脊椎圧迫骨折とは、転倒や転落などで背中を強打した時に、強い衝撃によって胸椎や腰椎が潰れてしまう状態のことをいいます。脊椎圧迫骨折を引き起こす原因は、転倒や転落、尻もちなどが引き金となります。

背中 激痛

背中に激痛が起こる場合は、化膿性脊椎炎や解離性大動脈瘤、脊椎圧迫骨折などの病気が考えられます。化膿性脊椎炎は、骨髄の中に細菌が入り込んで化膿性の炎症を起こす病気のことを言います。この病気は中高年がかかりやすく、糖尿病や癌、肝硬変などの病気で、免疫力が低下しているときに発症しやすくなります。

背中痛み 吐き気

背中痛みと吐き気の症状がある場合は、急性膵炎、消化性潰瘍、腎梗塞などの病気を発症している可能性があるので注意して下さい。急性膵炎は、膵臓から分泌される消化酵素によって、自分の膵臓が消化されてしまう病気のことを言います。急性膵炎の主な症状としては、背中痛み、吐き気、腰痛、上腹部の痛み

背中 重い

背中が重い感じがする場合は、強直性脊椎炎を発症している可能性があるので注意して下さい。強直性脊椎炎とは、脊椎や骨盤の関節の骨同士が癒着する病気で、病気が進行すると肩や股、膝などの関節も癒着が起こり体が動かせなくなってしまうので注意が必要です。強直性脊椎炎の症状ですが、初期段階は背中が重く感じたり、腰が重く感じたり、

背中痛み 発熱

背中痛みと発熱の症状がみられる場合は、内臓系の疾患を起こしている可能性があり、考えられる病気としては胸膜炎があります。胸膜炎とは、胸膜に炎症をおこして、胸膜腔に胸水がたまる病気のことを言います。胸膜炎は、結核性胸膜炎と非結核性胸膜炎に分けられたり、胸膜腔に大量の胸水

このページの先頭へ